太陽光発電パネルの設置に必要なもの

イメージ

賃貸併用住宅を見つける!検索はこちら

太陽光発電パネルの設置に架台は必要です!

太陽光発電をするときには太陽光発電パネルの設置が必要になります。このパネルを設置するときには、ほとんどの場合で架台が必要です。架台があることにより、重大事故から家やひとを守っているのです。
そんな架台ですが、以前はよく風や雪の重さによって屋根材に局所的なダメージをうけることが多くありました。重大事故を防ぐために設置されている架台がダメージを伝えてしまうと、その後のパネルの破損などに耐えられなくなってしまいます。

「サンキャッチャー」の登場!!

そのため、ある会社により、架台が新しく開発されました。その架台の名前は「サンキャッチャー」とよばれるものです。名前からしてもしっかり太陽光発電に役立ちそうな名前ですよね(笑)
このサンキャッチャーを開発したのは奥地建産株式会社という会社です。従来の架台では果たすことができなかったダメージ分散を可能にしました。屋根材に加わるダメージを均等に分散することにより、屋根材への負担を軽減することができます。寿命も長くなり、良いことがたくさんですね。